未分類

実店舗との違い

パソコン印鑑通販サイトと実店舗の違いですが、実店舗の場合は徒歩や乗り物を使ってお店まで行く必要があります。近所に印鑑専門店があれば、配送のために商品が届くまでに1日以上を要する印鑑通販サイトよりはやく認印として使用するハンコが手に入ることもあるでしょう。しかし、近くにそのようなお店がない場合には、遠方まで時間と手間、交通費をかけて行かなければいけません。既に完成品として販売されているものではなく、新たに製作しなければいけない場合、数時間後や翌日に出直さなければいけないということもあり得ます。この点が気になるという方は、印鑑通販サイトを利用するのが良いでしょう。

実際、実店舗を持っている印鑑専門店が印鑑通販サイトも開設しているケースは多いです。実店舗は営業している曜日、時間帯にお店に行かなければいけませんが、印鑑通販サイトの場合は基本的に24時間365日、商品を選んで注文をすることが可能です。インターネットにつながる環境さえあればいつでもどこでもハンコの購入ができるため、忙しくて実店舗の営業中に行くことができないという方にとっても、印鑑通販サイトの存在はありがたいものであるといえるのではないでしょうか。

推奨サイト→http://www.inkan-direct.com/
印鑑通販サイトの印鑑ダイレクトです。

未分類

書体などの選び方

認印は家庭であれば町内の回覧板、職場であれば出勤簿や伝票といった具合に、ほかのたくさんの人が目にする書類などに押すために使用する機会が多いものです。そのため、書体は読みやすいものを選択したほうが良いでしょう。読みやすい書体として代表的なものとしては、古印体や篆書体といった種類をあげることができます。印鑑通販サイトではたいてい、取り扱っている書体のサンプルを掲載してくれていますので、読みやすいものの中で好みの書体を選択すると良いでしょう。

印鑑ほかに迷うのは素材です。手になじみやすいものや、欠けやヒビが生じにくいもの、すり減りにくいもの、朱肉のなじみが良いものなど、素材によって異なる特徴があります。品質が良いものほど高価になりますので、認印は紛失するかもしれないし、あまり品質の良いものにこだわる意味を感じないということであれば、おしゃれさやかわいさを重視したり、安価であることを重視したりするのも良いでしょう。

そのほか、認印は男女共に12.0mm丸のものがおすすめと印鑑通販サイトで紹介されていることが多いです。認印として使用する印鑑を購入する際には、このサイズのものかどうかを確認した上でショッピングカートに入れると失敗がないでしょう。最後に実店舗の違いについて説明します。

未分類

通販サイトの比較要素

印鑑通販サイトはひとつではありません。そのため、複数のサイトを比較して自分にとって好都合な形で認印として使用する印鑑を購入できるところを見つけ出したいものです。実際にサイトにアクセスしてみて、好みのデザインや値頃感のある印鑑が販売されているか確認しましょう。その上で、ほかの要素も満足できるものであるかどうかチェックしてみることをおすすめします。

通帳と印鑑たとえば急いで認印を用意しなければいけなくなった場合、商品が届くのは1日でもはやいほうが良いでしょう。その際、即日出荷に対応しているような印鑑通販サイトであれば、認印が必要なタイミングまでに商品が到着するという希望が叶う確率は高くなるでしょう。

ほかには、通販ならではの費用についても、複数の印鑑通販サイトを比較してみたほうが良いでしょう。比較したほうが良い費用としてはたとえば、配送料・手数料の有無をあげることができます。こうした費用は印鑑の購入頻度が高いほど負担が増していくもののため、無料であるに越したことはありません。また、自分が使っているカードの国際ブランドでの支払いに対応しているなど、都合の良い支払方法があるかどうかのチェックもしておきたいところです。

未分類

印鑑通販サイトの利用

回覧板実印としての印鑑登録をおこなっていないことに加えて、銀行印として銀行に登録してもいない印鑑のことを認印といいます。実印は家や車の購入時などで使用し、銀行印は口座の開設や預貯金をおろすことなどを目的に使用します。一方、認印は家庭では町内の回覧板にハンコを押す機会があり、過去にはサインではなく宅配便の受け取りなどでも認印を押していたという方は多いでしょう。また、職場では伝票、出勤簿にハンコを押すことや、給与明細書の受領印として押すことなどがあります。多くの人にとって、認印は実印や銀行印と比較して圧倒的に使用頻度が高く、重要度が低いものではないでしょうか。

印鑑というのは長く、頻繁に使うほど傷むものであり、認印は使用頻度が高く傷みやすいということで、安価なものを使い、傷んで使いものにならなくなったら買いかえるという使用方法をしている方が多いでしょう。実際、百円ショップや文房具屋などにはよくお世話になっていて、回転式の棚の中から自分の姓が彫られているハンコを探し、認印として使うために買っているという方は多いはずです。

しかし、その土地ではめずらしい名字であることなどを理由に、近所のお店に自分の姓が彫られているハンコが売っていないという方もいるでしょう。そのような方は、印鑑通販サイトの利用をおすすめします。別の記事では印鑑通販サイトの選び方や、サイトで認印を買い求める際の書体・素材の選び方などの情報を掲載していますので、お役立ていただければ幸いです。